AX
  1. TOP
  2. モテない男
  3. 歌が上手いのにモテない男の行動

歌が上手いのにモテない男の行動

 2018/04/16 モテない男
この記事は約 3 分で読めます。 573 Views

カラオケで歌が上手い男性はモテるといいますが、俺、歌に自信があるけどモテませんけど…っていう男性もいるかと思います。

女性は歌が上手い下手はもちろんですが、それ以外のところも見ています。

今回は歌が上手いのにモテない男の行動をご紹介します。

 

マイクをビジュアル系持ちする

ネタでやるならまだしも、本気でビジュアル系を気取ったマイクの持ち方で歌う男性はドン引きされることがありますのでご注意ください。

また、その際に足を組んでしまいますと、余計ナルシストっぽく思われてしまいます。

服装は普通なのに、マイクの持ち方だけビジュアル系は印象がよくないそうです。

 

女性を見つめながら歌う

彼女と二人でカラオケであれば許される行動ですが、合コンや二次会などのカラオケで女性を見つめながら歌うのはやめた方がいいです。

その曲がバラードのラブソングであれば、尚更です。

メンバーの中に気になる女性がいたとしても、そこでのアピールは必要ないです。

何がしたいのかわからないと思っている女性は多くいます。

 

横からハモってくる

他の人が歌っている時に、いきなり横からハモってくる人っていますよね。

上手くハモれるのを自慢したいのはわかりますが、歌っている人がかわいそうです。

空気が読めていない行動になりますので、女性陣の評価は下がってしまいます。

 

キーをすぐ変更する

イントロが流れてきたらすぐに、キーを変更する人っていますよね。

それも、探りながらではなく、慣れた手つきで。

女性からはどんだけ歌い慣れているんだよって思われていますよ。

いかにも、十八番いきます!といった行動に見えているのです。

 

歌った後に言い訳する

歌い終わったあとに今日はのどの調子が悪いなどといった言い訳をする人は印象が悪いです。

本当はもっと上手いアピールは必要ないのです。

そもそも言い訳する男はモテませんよね。

下手でも一生懸命歌っている人の方が印象がいいです。

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は歌が上手いのにモテない男の行動をご紹介しました。

単純に歌が上手いだけではダメなのです。

自信があって、目立ちたいのはわかりますが、謙虚にすることと、周りへの気配りを意識することが重要です。

女性はそういうところまで見ています。

次回のカラオケのご参考になれば幸いです。

 

非道徳恋愛テクニック・裏技の宝庫!非常識テク満載なのでこっそりしかお渡しできません。 ↓ここから入手できます。↓

女性の心理の研究を追求して来たチームが
満をじして極秘のテクニックを特別に暴露します。
ご希望の方は下記にお届け先メールアドレスを入力して送信ボタンを押してください。
いつまで公開できるかわかりませんのですぐに入手してください!

\ SNSでシェアしよう! /

モテる男の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

モテる男の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

KOHH

KOHH

IT起業で働く傍ら、サイドビジネスを開始。
ゼロからスタートして、1年半後には月収3000万を突破。
その後、シンガポールで会社を設立して独立。
現在は海外を拠点にITのスペシャリストとして「どこに居ても、誰でもできる」
をコンセプトに今までの経験を生かしたコンサルティング、WEBマーケティングを中心に活動中!

現代だからできる、自由な暮らしと新しいことに日々邁進している。

人生の時間は有限です。一緒に世界を見たくないですか?

この人が書いた記事  記事一覧

  • 注目!モテたいならモテる男の会話を参考に!モテる男の会話術とは!

  • モテたいなら会話をゆっく!ゆっくりとした会話で大人の余裕を!

  • 1対1での会話で全てが決まる!?1対1での会話が好きになるには!?

  • お見合いパーティーでの会話ネタって!?お見合いパーティー簡単モテトークをご紹介!

関連記事

  • キャバ嬢がウザいと感じる男性客とは!?

  • キャバ嬢から連絡がこない!考えられる理由と解決策とは!?

  • 太っていてもモテたい!デブ男でもモテる理由がここにある!

  • モテない原因分かってますか?モテない男の3つの振舞い!

  • モテるLINEアイコン、モテないLINEアイコン

  • インスタでキャバ嬢にモテる?キャバ嬢にモテたいならインスタ映えを意識すべし。